PartⅦの読解問題対策には、英字新聞・雑誌の利用を

ビジネスレターや新聞記事、Eメールなども出てくるPartⅦの読解問題。試験の最後にあるこのパートを苦手とする人が多いのは、「速読」できない人が多いからです。

ふだんから、関係代名詞などが出てきても、返り読みをぜずにどんどん先へ読んでいく癖をつけておきましょう。

英字新聞を読むときは、辞書を引かずにまずはひととおり読んで意味を理解することも大切。

お勧めなのは、The Japan Times社発行の『週刊ST』を速読し、大意をつかむという練習です。

英字新聞や雑誌で広告を見たときは、その広告の内容を読み取る練習もしておくとよいでしょう。

5W1Hを意識して記事を読みこなす

英字新聞を読むときにわからない単語が出てきたら、その前後の文脈から判断し、意味を推測してみてください。辞書を使わずに記事の概要を理解することが大切です。

TOEICテストの問題のほとんどは、5WlHを問うもの。

だから、テレビを見るときや英字新聞・雑誌を読むときは、5WIHを意識して理解するようにすれば、TOEIOの問題にも慣れてきます。

とにかくできるだけ速く、たくさん読んで意味をつかむ練習をしてください。


このページの先頭へ