履歴書に書くスコアは何点から有利?

多くの企業が新入社員に期待するTOEICスコアは、決して高いものではありません。新入社員時点で、TOEIC600点以上の即戦力となる高い英語力を期待する企業は、まだ少数派です。

一般的には、採用時点では専門性や人物を重視し、内定時点や入社時点から、自己啓発、社内研修、業務等を通じて英語能力をつけさせたいとする考え方が強いようです。

特に、理工系の学生の採用については、技術者としての基礎となる専門性を重視する傾向が強くなっています。

つまり、一般的企業であれば、500点以上なら、履歴書にTOEICスコアを書いた方が有利になるわけです。逆に500点未満は、英語ができないことをアピールすることになりかねませんから、記入しない方が無難です。600点台、700点台のスコアであれば、かなり有利になるでしょう。

しかし、あくまでも専門性や人物あっての英語であることを忘れてはいけません。企業が求める人材は、「英語でも仕事ができる人」であって、「英語だけができる人」ではないのです。英語は、必要条件であっても、決して十分条件ではないことをお忘れなく。


このページの先頭へ