時間をかけなければ、やっぱり伸びない

英語学習を始めて、体に変化を感じるには、最低300時間は必要です。100~200時間あたりから変化を感じ始めます。200~300時間で変化のない人は、まずいません。

いくらやってもTOEICスコアがアップしないと嘆く人のほとんどは、1つのことを100時間もやらないうちに、「やっぱりダメだ、もっといい方法があるのではないか?」と、次の教材や方法を探し始めてしまう人です。

実際に変化が現れるまでのトレーニング時間は、人によって異なります。しかし、数時問、数十時間といった単位で、魔法のように実力がアップすることはあり得ないのです。

私達は2歳頃、日本語を聞ける(相手の話す内容を理解できる)ようになります。それまでに、日本語(音)にふれた時間は、およそ2,000時間です。これは英語でもほぼ同じなのです。

これに対して、中学・高校での英語の授業は約1,000時間、大学まで入れても約1,200時間程度と言われています。しかも、文字を中心とした学習です。英語ができないのは、まず音にふれてきた絶対量が不足しているのです。

英語学習は、机に向かうことだけではありません。通学・通勤時間、移動時間、待ち時間、ながら時間といったこま切れ時問を活用して、毎日継続的に英語に接することが大切です。

どんなに忙しい人でも、こうした時間の活用ならできるはずです。時間を有効に活用するには、その日どれだけ英語に接したかを記録していくことが効果的です。記録をつけることで、英語にふれる習慣を確立することができます。

時間の記録には、『TOEICTEST英語学習ダイアリー』(鹿野晴夫著・丸善)という専用の手帳が大変便利です。


このページの先頭へ