2回目のスコアがあなたの本当の実力!?

TOEICテストは、2時間で200問に答える試験です。このうちリスニングセクションが45分間で100問、リーディングセクションが75分間で100問です。

リスニングとリーディングの途中に休憩時間はなく、集中力と体力も要求されるテストです。したがって、問題構成と形式に十分に慣れていないと、実力より低いスコアが出ることになります。

こうしたことに全く慣れていない人がTOEICを受験し、何も準備しない状態で2週間後にTOEICを再受験すると、平均で1回目400点だった人は2回目490点。1回目500点の人は、2回目578点まで上昇したというデータがあります。

同様に、600点の人は665点、700点の人は752点です。200~300点台の人の中には、300点以上も変化した人もいました。つまり、問題形式に慣れていない人は、英語の実力が低い人ほどパニックになり、解答どころではない状況になるわけです。

初めて受験する人は、TOEICテストの練習問題を解いて慣れておくことと、あまり間を空けずにTOEICを2回受験することが大切です。こうすることで、実力が正確に反映されたスコアを得ることができます。

これを、プラクティス・イフェクト(Practice Effect)と呼んでいます。ところが、これを誤解する人がいます。

「はじめて受けたTOEICが300点。TOEICの練習問題をたくさん解いたら、400点になりました。その後も、どんどん練習問題を解いていますが、スコアが伸びず悩んでいます」と落ちこんだりするのです。

これが、「プラクティス・イフェクトの罠」です。つまり、2回目受験のスコアアップは、問題構成と形式に慣れたことによるものだったのです。

残念ながら、TOEICテストのスコアアップに有効な対策は、問題構成と形式に慣れることと、実力をつけることしかありません。これは、マラソンのレースに似ています。コースをよく知らなければ、実力より遅いタイムになるでしょう。しかし、コースに慣れたら、あとは実力を養成するトレーニングを行うしかないのです。

問題構成と形式に慣れるためには、早めにTOEICを2回受けることが大切です。同じマラソンコースを2回走れば、コースに十分に慣れることができるわけですから。そのあとに、実力養成トレーニングに入りましょう。


このページの先頭へ