TOEICテストって、どんなテスト?

語学力スキルをはかるひとつの基準として認知されているTOEICテスト。

合格・不合格ではなく、スコアとして実力を杷握できるため、比較的桃戦しやすい資格と言えるでしょう。

グローバル化が進み、英語によるコミュニケーション能力が業務上必須となってきた昨今、昇進や昇格の条件としてTOEICテストスコアを挙げる企業も少なくありません。

TOEICテストはコミュニケーション能力を測定する

TOEICはTest of English for International Communicationの略。英語によるコミュニケーション能力を測定するテストです。

アメリカのニュージャージー州プリンストン市に本拠地を置く、世界最大規模の教育研究機関Educational Testing Service(=ETS)が開発制作しています。

現在、日本では財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会内のTOEIC運営委員会が、ETSの依頼のもとに定期的にテストを実施しています。

TOEICテストの満点は990点。リーディングとリスニングのスコア比重は半々の495点ずつです。

世界約120か国、年間受験者数600万人

実用英語検定や国連英検、TOEFL、ケンブリッジ英検等々、日本で受験可能な資格には多くの種類があります。

しかし、これらの試験に出題されるむずかしい問題は解けても、実用的な英語力を本当に有しているかとなると、疑問を抱く人が多かったように思います。

そんな学校英語から抜け出すべく、国際的に通用するビジネスパーソンのためのテストとして誕生したのがTOEICテストです。

ETSの開発したこのテストは、従来の試験では測れなかった"コミュニケーション能力を測定するのためのテスト"です。

世界約120か国で実施され、年間受験者数は約600万人。その多くを、日本と韓国の受験者がs占めています。

TOEIC単語帳 ブログパーツ

過去のTOEICテストと模擬テストにおける最頻出の英単語をランダムに表示します。単語帳をクリックすると意味を表示します。もう一度クリックすると次の英単語をランダムに表示します。次々とクリックしていき単語力をチェックしましょう。

このブログパーツを貼りたい!⇒

このページの先頭へ